よくある質問 QA

ここに書かれている「よくある質問」は、一般的な形で書いています。 カタログギフト各社でサービス内容が違いますので、ご購入の際は、各社にお問い合わせください。

 
カテゴリーから探す
質問から探す

カタログギフトサービスについて

カタログギフトとは、贈られた方がお好きな商品を選べるギフトです。ご依頼主様が先様に贈るカタログを選びます。先様は届いたカタログの中からお好みの商品を選び注文します。ご依頼主様が代金を負担しますので先様には一切負担がかかりません。
選べる楽しさと感謝の気持ちをお贈りすることができ、大変人気のギフトです。
カタログギフトは、結婚引出物・結婚内祝い・内祝い・御礼・中元歳暮・香典返し・その他の贈り物など、さまざまな用途にご活用いただけます。
サンプルカタログを無料で送っている会社も一部ありますが、購入予定金額に応じて無料にする会社や有料で送っている会社もあります。また、カタログをサンプルとして送らず、リーフレットやパンフレットを送っている会社もあります。
もちろんさまざまなコースをお求めいただけます。コースを識別するためのシールを貼って対応する会社が多いようです。
カタログ各社や用途によって異なりますので、購入したい会社のご利用ガイドなどで確認していただくと良いでしょう。
各社によって若干違いますが、システム料とは、カタログのツール代・送料・システム管理費などをさします。送料とは、ハガキその他でお申し込み頂いた商品をお送りする際に必要な運賃です。

包装、のし、ラッピング、メーセージカード、商品の価格表示

「内のし」は、包装紙の中にのしをかけるスタイルで、控えめにしたい時に使われます。お返しや弔事の場合は、「内のし」にされた方がよいでしょう。
「外のし」は、包装紙の上からのしをかけるスタイルで、強調したい時や持参して手渡しする時などに使われます。結婚式のお返しや記念品、弔事でも仏様へのお供えの時には使われるようです。
ひとつひとつ包装している場合が多いです。カタログギフトと申し込みハガキを入れた化粧箱を包装紙で包み、のしやリボンをつけます。無料手提げ袋の有無は各社によって異なります。
無料の場合と有料の場合があります。
贈る方のお気持ちが伝わる様、カタログギフト各社、無料のメッセージカードを用意している場合が多いです。ギフトシーンに合わせたメッセージカードの種類は各社によって異なります。
ご依頼主様ご自身がお作りになった手作りメッセージカードを同封できる会社もあります。利用する際に確認してみると良いでしょう。
一般的には、のし下は贈り主様の名字を入れますが、出産内祝いなどは子供の名前を表記します。
各カタログギフトに価格は一切表示されておらず、先様にはわかりません。

結婚引出物・結婚内祝いについて

結婚式に来てくださったゲストに感謝の意を込めて式場でお渡しするギフトのことです。
結婚内祝いは結婚式に出席できなかった方から貰ったお祝いに、感謝と結婚報告を兼ねてお返しをすることです。
結婚引出物なら『寿』、結婚内祝いなら『内祝』が一般的です。
各社で、贈る方のお気持ちが伝わる様、メッセージカードを用意している会社が多いようです。
各社によって異なりますので、各社にお問い合わせください。ただ、結婚引出物は人数変更など起こる場合もありますので、お早めに注文されることをお薦めいたします。
式場に納品の際は、引出物の内容を詳しく書いた「引出物内容明細」を貼り、式場・ホテルでも間違いのないようにしております。

内祝い、出産内祝い、各種内祝い

内祝いとは、我が家におめでたい事があったから、その喜びの気持ちを祝い品という形に変えて皆様にもお分けし、一緒に喜び祝ってもらうというのが本来の意味です。
最近では、慶事に貰ったお祝いへの返礼品であるというとらえ方が一般的になっています。
出産内祝いとは本来、子供が生まれた喜びをこめて、親類縁者、友人や近所の人へ配るものでした。最近は、内祝いは出産祝いを貰った人に(貰った後に)そのお返しとして贈るのが一般的になっています。内祝い=出産祝いのお返しという認識が定着してきています。 出産内祝いを贈る時期は、正式にはお宮参りの頃(生後1ヶ月頃)ですが、遅れてお祝いをくれた方にはその都度、内祝いを送るというのが一般的になっています。
初節句、七五三、入学、卒業、還暦、米寿、栄転、開業・開店、新築、地鎮祭、上棟式、竣工式、受章、全快などお祝い事の報告に使われます。

香典返し・返礼品・法要の引き出物

香典返しには大きく分けて「即返し(当日返し)」と「後返し(忌明返し)」の2通りがあります。当日返しの場合は、受け取った香典額に関わりなく、お返しする品物を決めます。また、「即返し」であっても高額のお香典をいただいた場合には、忌明け後に改めて別の品物をお贈りすることもあります。
後返しの場合は、忌明けに香典額に応じたお返しをします。
仏式の場合は五七日忌(三十五日)や七七日忌(四十九日)の法要を済ませたことをご報告します。挨拶状を同封してお返しをします。
香典をもらった額の半分くらいお返し(半返し)するのが一般的です。
人を招いて供養をし、手土産をさしあげる。これを法要の引出物と呼んでいます。香典返しの品としては日用品が無難とされています。最近はカタログギフトもよく使われます。

換金、返金、商品の不具合

代金はご依頼主様からいただいておりますので贈られた方への換金はできません。
ほとんどの場合、返金が出来ないようです。商品をどれか選んでもらう形になります。
贈られてきた商品が不良または欠損の場合は、ご注文されたカタログギフト会社へ連絡しましょう。再発送してくれる場合が多いようです。
 

体験型ギフトから
カタログギフトを探す

クチコミから
カタログギフトを探す

もっとクチコミを見る